セメント瓦

セメントかわらの特長

セメントと砂、またはセメントを原料とし、型枠にいれてプレス・脱水・成型したもの。その生産性の高さにより、戦後大都市の復興用屋根材として大量に採用されました。(以前の釉薬瓦は焼き物のなので、精度の高い瓦が出来にくかった。)セメント瓦の和型は坪当たり40枚と49枚がJISでは規定されています。

現在の主流は表面にアクリル塗装や水系樹脂塗装、フッ素系樹脂塗装などを施したものになっています。しかし、もともと割れやすい素材の為、屋根材として適した強度は持ち合わせていません。

セメント瓦の写真あれこれ

築27年の家の屋根のセメントかわらです。和型形状です。7年に一度塗り替えていましたが、ヒビが入り始めました。雨漏りをおこしている部分の瓦をめくり下地をみてみました。ルーフィング(防水紙)に、雨のしみができています。
また瓦の止め方は横木(桟木)を使わずに、釘で直接下地に止めています。(釘の劣化が心配です。)
セメント瓦写真 002.jpg

瓦の下はこの通り(桟木工法ではなく、瓦一枚一枚を釘で止めていました)
セメント瓦写真 001.jpg




築40年のセメント瓦の写真です。平型形状です。このくらい古いセメント瓦になると、割れるのを覚悟でメンテナンスをしないといけません。
瓦の下地のルーフィング(防水紙)もこの通りまったく役目をはたしていません。屋根の下地の木材を傷めそうです。
セメント瓦写真 006.jpg  
 
瓦の下はこの通り
セメント瓦写真 007.jpg




築28年のお宅の屋根の写真です。セメント瓦にヒビが入りかけています。
多分、製造工程で瓦の圧縮不足が原因と思われます。
また、瓦の下の下地を見てみますと、瓦を引っ掛けている横木(桟木)が
ベニア板を使っている為に、ばらばらになりそうです。先には瓦がずれる
恐れがあります。
(ベニア板は薄い板を何枚も重ねて接着剤で貼っている)

鬼瓦
img055.jpg

平瓦
セメント瓦3.jpg

瓦の下はこの通り
img057.jpg

  

築30年のセメント瓦 
018.JPG
瓦にヒビが入りかけています。

 
016.JPG
瓦の下のルーフィングはシミが出来、施工時の瓦の破片が隠されていました。
  
017.JPG
セメント瓦の裏の写真です、瓦の端々から吸水をしています。

RIMG0221.JPG
築40年のお宅の屋根の雨漏りを点検して来ました
 
RIMG0218.JPG  RIMG0219.JPG
屋根に登ると瓦の数枚に穴が開いていました。たぶん製造当初、瓦を高圧でプレスしていないため、瓦のセメントがすかすかなのでしょう?昨今の酸性雨とかで、表面が荒れ穴があいたようです
      
コンクリートかわらの特長

モニエルかわらが代表的な瓦です。
昭和48年に西欧より技術導入されて作られています。洋風フラットタイプが主流です。材質はセメント量が少ない硬塗りのモルタルを使っています。アスベストは入っていません。とても頑丈な瓦なのですが、色が褪せると塗装が難しい瓦です。


モニエル瓦
モニエル瓦 001.jpg


モニエル瓦の屋根 1
モニエル瓦1 002.jpg

モニエル瓦の屋根 2
モニエル瓦2 003.jpg

モニエル瓦の屋根 3
モニエル瓦3 004.jpg

屋根専門サイトもあります。こちらをクリック 屋根リフォームなんでも相談岡山
屋根診断士に屋根の気になる事を相談するはこちらをクリック

                     TOPに戻る