業界の人間が見たリフォーム会社の選び方

もし業界の人間である私が、リフォームを依頼する会社を探すのであれば、
こんな会社を選びます。(決して当社の宣伝ではありません。)

  
リフォーム会社と言っても、得意な工事、不得意なリフォームがあります。 
何でも出来ます、と言うのはうそだと思います。リフォーム会社によって、リフォームの種類により得意不得意があると思います。

不得意なリフォームは断るぐらいの会社がいいのかも知れません。(建物の種類により、得意不得意もある”木造、プレハブ、2×4、コンクリート、マンション他”)
 自分の希望するリフォームに知識や経験がどれほどあるか、たずねて 見るのもひとつの方法かも知れません。
(ただ、ある程度建築全般に詳しくないと、ひとつのリフォームが建物の他の部分にあとあと関係してくる事も多いのです。)

ポリシーがある会社を選ぶ。
こだわりがある会社を選びます。

こちらが言う事を何でも”はいはい”と聞く会社は恐いです。建築の事を知れば知るほど、安易に返事は出来ません。あまりこちらの話しを聞いてくれない業者も良くないですが、経験から言えば少し頑固ぐらい方が、建物の後々の事も考えていてくれていて、いい仕事をするようです。
  

 
リフォーム業者は自分の得意なリフォーム方法を提案する。
同じ屋根の傷みに対するリフォームでも、業者により塗装が得意な業者は塗装を提案しますし、葺き替えが得意な業者は、葺き替えを提案します(不思議!?)自分の都合で提案する業者も多いので、ご注意下さい。 自分の都合ではなく、将来のお客様の家の事を思って提案をしてくれる会社を選びましょう!

建築業許可または建築事務所は、ある一定の要件を満たさないと許可がおりませんので、ひとつの業者選びの基準となります。

リフォーム経験が長い会社を選びます。
信頼が出来る、建築一筋に長くやって来たリフォームの経験豊かな会社を選びます。新築とリフォームの違いは、何もないところに積み木を重ねるのと、崩れそうな積み木を直す違いではないでしょうか?新築を中心にしてきた工務店さんも、要領が違うのでリフォームを知らない工務店さんも多いです。
また、経験が長い会社と言うのは、お客様に支持され続けてきた事だと思います。

 今から15年程前、当社より大きなリフォーム店が数多くありました。潰れるのであれば、規模からいって当社が一番先になくなるだろうと思ったいましたが、今振り返ると、その当時のリフォーム店はほとんど無くなりました。(会社の存在率 統計でいえば、10年経つと80%、20年経つと95%の会社が無くなります。
それくらい、長く営業をするのは難しく、無くなるとお客様に御迷惑をおかけします。


希望するリフォームの施工物件が豊富なところを選びます。
施工物件が多いということは、悪く言えば、それだけ過去に、多くの失敗を繰り返して来ているということです。  家の柱が曲がっている、腐っている等、日常茶飯事です。経験がものをいう業界だと思います。(新築より、難しいと業界の人は言います)
リフォーム経験豊かな業者ほど、見えないところに差がつくのではないかと思われます。
 
見積り内容が安い業者にたのまない
リフォーム工事はひとつひとつオーダメイドなので、完成してみないと出来具合は分かりません。出来上がった完成品(自動車等)を買うのであれば、安価の方がいいと思います。工事内容が変わらないのに極端に安い業者は要注意です。見積もり金額で決められる方も多いですが、工事品質(職人さんの品質)が一番大事なのです。今までの経験から言えば、安い良いはリフォームではありません(業界の人に聞くと10人が10人共、言います。)材料のランクを落したり、腕が切れない職人さんを入れると工事金額は安くなります。

 
結論から言えば、どこかで利益をあげないと、業者もやっていけません。

あまりにも法外に高い会社は考えものですが、施工物件を見せてもらい納得の上の金額なら間違いないと思います。
 
 お客様のことを思い、提案してくれる会社を選びます。
リフォームをすることのメリットだけではなく、デメリットを教えてくれる業者がいいと思います。

お客様の立場にたった、お客様にとって耳が痛いことも言う(本当の事をいう)適切な提案が出来る会社を選びます。

地元の建築業許可もしくは、建築士事務所登録を持っている会社を選びます。
本社が県外の会社は少しでも、業績が悪くなると地元のリフォーム店を閉めてしまいます。
リフォーム後、クレーム等が発生し近くにないので困られている人も多いです。

もし工事中、不慮の出来事があったときに、対応出来る損害保険に入っているかどうか、こちらも重要な要件となります。

気持ちがいい対応の会社にたのむ。
なんだかんだと言っても、気持ちがいい会社がいいですね!
自分と話が合い考え方も近ければ、相談もしやすいです。

いい業者さんが見つかったら、どんな感じにリフォームしたいか納得いくまで相談して、信頼してリフォームを依頼するしかないでしょう

  

最後に
 リフォームを検討されるお客様は、見積もりの設備内容及び値引きばかり気にされる方が多いです。お客さんはどこに頼んでも同じものが出来ると思われていますが、正直な話、業者により出来具合はまちまちです。

建築会社が一番苦労するのは、自社に合った職人さんを確保することです。職人さんにはいろいろなタイプの方がいます。今迄、いろいろな職人さんに仕事をして頂き、自社にあった職人さんを探すのは大変時間がかかりました。リフォームはオーダーメードの商品ですので、10年20年先に不具合が出ないように施工品質のしっかりした会社を選ぶのが一番のコツです。
   

   (今までの当社のいろいろな経験から書いております。)         ページ上部に戻る

Y01E164.jpg