危ないサンタが・・・

サンタ

外壁塗装をしているお宅の煙突に早々と、危ないサンタが

 

「気をつけて」

 

しか、私は言えません。

仕事柄、床下に潜るとこともあります。

床下画像.jpg

床のコンセントボックスを止める為に、床上からだけではうまく設置出来ず床下に入りコンセントボックスを止めました。

たまに、ヘビなどの生き物がいるとかいう話を聞きます。おそるおそる潜りました。

家の基礎の補修をしました。

基礎、縦線.jpg

基礎の表面のコンクリートがはがれたので、補修をしました。

まず、基礎の浮いているモルタルを撤去します。そして、下地処理をし新しいモルタルを塗ります。

表面を写真のように、金属のくしを使い縦線をつけていきます。後日、このお宅は外壁塗装予定です。

天に向かって足場を組め!

足場工事1.jpg 

今日、外壁塗装リフォームのために足場を組んだ御宅の写真を撮りました。

空も青空、お正月までに外回りをきれいにする予定です。

解体をするお宅から、大事なお宝を頂きました。

お宝探し.jpg

 

大きな硯、モスクワ5輪の記念コイン、1977年イギリス製のロイアルドルトンお皿、色の綺麗な版画他

ワクワクするお宝、本当に有難うございました。 この仕事やっているとこんないいこともあります。

大事に使わさせて頂きます。

 

フローリングの傷跡を補修材で治してみました。

今回修理するのが、写真の深く掘れたフローリングの傷です。

床補修前.jpg

 

修理に使うのがこちらの補修キットです。クレヨンみたいな補修材の色をフローリングと合せ、電気コテで融かし傷に流し込みます。後はフローリングと同じ水平にします。

RIMG1463.JPG

 

これが補修後の写真です。傷は埋まりましたけど、まだまだ色が揃っていませんね?プロになると補修したのが、まったく分からなくなるそうです。 練習が必要ですね?(笑)

床補修後.jpg

地上8mの世界から、地面に帰還します。

2段はしご

 

屋根の点検を終え、これから2段ハシゴ(2段に長く伸びるハシゴ)を使い、地面に降りる寸前の写真です。

写真を見ると、地面までかなりの高さがあるでしょう? 

ちなみにハシゴに乗る瞬間が、ハシゴが横ずれすることがあり、一番危険です。

お風呂リフォームで、入口が狭くて浴槽が入らない時は・・

E邸お風呂リフォーム画像2.jpg

いま、お風呂リフォームをしているお宅は、入口が狭くてどう考えても新しい浴槽を入れる大きさが足りません。浴槽が2つか3つに分解出来れば全然問題はないのですが、そんなことは到底ありません。

こんな時はどうするかといえば、お風呂の窓の大きさを測り入るようだったら窓から浴槽を入れます。

 

E邸お風呂リフォーム画像1.jpg

なんとか二人で「あーでもないこーでもない」と言いながら、無事上の窓から浴槽が入れま した。これでお風呂リフォームも次に着々と進みます。

産まれて初めて小銭入れなるものを買いました。

RIMG1046.JPG

今迄、財布はひとつと決めていたのですが、ある出来事があり今回小銭入れを買いました。

ある出来事というのは、ある朝、有料駐車場から車で出ようとしたときに、あるはずの財布がカバンの中にありません、一瞬にして頭はパニック。皆さんそんな経験はありませんか?

  

なんとかその場は、クルマの中にある小銭をかき集め駐車場から脱出出来たのですが、肝心な財布がないことにはとても不安でたまりません。 真っ白になった頭で、昨日の記憶をたどってみると、最後に財布を使ったのは、昨夜、自宅近くの自動販売機でビールを買ったときでした(ちなみに、そのときは飲んではいませんよ! )

  

冷静になって考えてみると、家の前の駐車場からクルマを降りたときに、「ポテッと」鈍い音がしたような感じがしたのを思い出しました。慌ててクルマで家の駐車場に帰ると、そこには見覚えのある黒い財布が・・

一晩何事もなく、ここでよく過ごせたものだと、本当に財布がいとおしかったです。これでひと安心です。

性格がおっちょこちょいのボクは、過去に何度か財布を無くした前歴があり、未だにその財布達は二度と帰って来ません。ということは、将来も財布を落とす可能性がとても大きいというが、やっと今回の出来事で分かりました(汗)

 

落としても差し障りがない財布という訳で、今回の小銭入れの購入と相成りました(笑)

 

 

第2回目のエンディングノートセミナー終わりました。

RIMG0884.JPG

当社主催の第2回目のエンディングノートセミナーを、第1回目に引き続き妹尾行政書士さんに講師をお願いして開催しました。

今回の内容は、実際にエンディングノートを作ってみようという内容です。今回は5名の方に参加をして頂きました。実際にエンディングノートを作るにあたり、自分自身の過去を改めて振り返ってみたり、これからの思いを言葉にして書く作業は、自分自身の気持ちを整理しているような感じでした。自分が思っていることは、家族でも分かっているようで実際のところ分からないと思います。人に伝えるというのは、言葉にしないと伝わりませんよね!?

妹尾先生が言われた言葉「エンディングノートというのは終末だけのノートではなく、これからの未来の希望も書く、両方合わせもったノートです」というのが印象的でした。 年齢に関係なく、いろんな方に聞いて欲しいというのが実感でした。

次回は、9月18日(日) 岡山ふれあいセンターで開催予定です。

  

参加して頂いた人のアンケートです(一部抜粋)

エンディングという言葉からして後に残すものと考えてしまいますが、時間が持てるようになった高齢者が夫婦で、これからからの人生をみつなおす材料にしたらいいと思いました。

(浅口市鴨方町清水様 男性)

 

今回のお話で、自分の理想・目標も書き込み、これからの人生をより有意義にするための道具とすれば良いということが分かりました。

(岡山市中区 女性)

 

人生の幕引きは必ず訪れるので、必要性を感じた。

(倉敷市 男性)

 

ノートの書き方のきっかけがわかったので書きやすいと思う。自分を見直すことなど思いもよらなかったがふりかえることも必要と思った。

(玉野市 女性)

 

自分が昔、やりたかった事などを思出だし、今からでもできそうな事に手をつけていこうと思います。

(岡山市中区 男性)

自分でマグネットステッカーを作ってみました。

近くの文具屋さんで、おもしろいもの発見 !!

RIMG0825.JPG

手作りマグネットステッカー製作キットなるもの1,365円、早速買ってマグネットステッカーを作ってみました.無理やり勧めて、作ったのは知り合いの人の産業廃棄物運搬車に貼るステッカーです。

     

RIMG0826.JPG

中身はなんてことない、マグネットシートとホワイトフイルムラベルと透明保護フイルムが2枚づつ(A4サイズ)

      

RIMG0827.JPG

まず、ワードで図案を作りました。インクジェットプリンターでホワイトフイルムラベルに印刷をします。 (レザープリンターしかなかったのを、これを印刷するために急遽8,950円で購入)

  

RIMG0828.JPG

次に印刷したホワイトフイルムラベルを、マグネットシートに貼ります。

  

RIMG0830.JPG

張るとき気を付けないといけないのが、空気が入らないように定規で押さえながら、張るのがコツです。貼れたら、同じ要領で透明保護シートを貼ります(これが意外と難しい)

  

RIMG0831.JPG

完成したのが、こちらのマグネットステッカー。しっかり鉄部に密着しています。しかも業者に注文して作ってもらう金額の1/3で出来ましたるんるん今回は、味気ない産業廃棄物収集運搬車のマグネットステッカーを作りましたが、応用すればなんでも出来そうですね!? 次回色々と作ってみますので、期待して下さい。

前回好評だったエンディングノートセミナー7月に続きを開催します。

4月に開催して好評だったエンディングノートセミナーの続きを7月に開催します。

前回と同じく、妹尾行政書士さんをお招きして7月8日(金)に岡山ふれあいセンターで開催します。前回は、性別問わず30代〜80代の幅広い年齢の方に多く集まって頂きました、大変有難うございました。 (前回参加者していて頂いた人の声

    

エンディングノートというと人生の終末のような感じを受けますが、今まで生きてきた足跡を振り返り、今の立ち位置を知り今後の行き方を改めて考えてみる内容です。

今回の内容は、エンディングノートの簡単な作り方を勉強をします(参加費800円) 鉛筆及び消しゴム、お気に入りの写真を1枚ご持参下さい。先着20名ですので、今すぐお申し込みを下さい 。

おひとりでも、家族でも、友達どおしでもお気軽に御参加をお待ちしています。

(申し込み先  0120−888−532 (株)アベルホーム 菊井迄)

詳しい内容は、下のリンクページをクリックしますと募集内容がダウンロード出来ます

    

エンディングノート講座募集内容

 

8割の情報は入ってこないようにする。

現在はパソコンを検索すると、いろいろな情報が瞬時に入って来ます。メール等もいろんなところから、沢山送られてきます。最近思うのですが、あまりにも自分の周りに情報がありすぎて、挙句の果て情報に惑わせて、あれもしなくてはいけないこれも手をつけないといけないと思い、結局無駄な時間を過ごし、何もかもが中途半端に終わることが多いのです。

気が多い私だけかも知れませんが・・・

 

あふれている物を捨てて、物に執着しないシンプルな生活が巷では流行っていますが、同じように情報に惑わされない生活も必要なのではと思います。本当に自分は何をしたいのか?本当に自分に必要な情報は?本質を見失なわない、情報に惑わされて無駄な時間を過ごさない。書くのは簡単ですが・・

  

あえて必要な情報のみにしか入ってこないようにし、どこかの部分に集中して物事をする。まず自分にとって必要な情報がどれか取捨選択するのが一番難しいですね!?本当にその情報がなければ困るのか?と自分に訪ねてみてもいいですね。

     

簡単な事を難しく書いたようで、自分でも何を書いたのか分かりませんが、もの知り博士になりたい人以外は、8割の情報も捨てることが大事じゃないかと思いました。僕ら凡人は惑わされないように、情報が入ってこないようにする。片付けと同じで心もシンプルになれば、物事もはかどるような感じがします。

kao

 

 

 

屋根に関心が出る季節

今年は梅雨入りが早く、雨が多い季節になりました。

天気が続くと、家に屋根が付いている事など忘れている人も多いですが、これだけ雨の日が続くと、屋根に改めて関心が出る人も多数います。

毎日、いろんな問い合わせを頂くのですが、雨が漏った、谷にゴミが詰まっていて雨漏りの原因となりそうだと俄然、屋根に関する問い合わせが増えます。

 

突然、雨漏りをしだして事前に雨漏りを防ぐためのポイントを書いてみました。

  • ベランダの防水は大丈夫?(実は一番多いのがベランダの雨漏り)
  • 雨樋のゴミを定期的にとっていますか?
  • 出来れば、1年に一度の屋根点検をお勧めします。
  • 金属屋根、谷は特に痛みやすいので、早めの手入れをお勧めします。
  • 屋根に関心を持ちましょう!!これが一番の雨漏り防止の対策です。

ファジアーノ岡山、カンスタ初勝利

ファジアーノ岡山1.jpg

    

今日は夕方から、カンコースタジアムにファジアーノ岡山の試合を、ホルモンうどんを食べ食べ観戦をしました。

昨年も、数度見に行きましたがホームグランドで見れた勝ち試合は1試合だけ。

負けるのが当たり前、勝つと奇跡のような雰囲気でした。ホームグランドでは、17戦中4勝

 

今年は、こんなに早く勝ち試合が見れるとは。新外国人チアゴがチームに入り、雰囲気がかなり変わったと思います。

引き分けの試合が増えたのも、チームの力が向上している証。

今日の試合は、9,000人を超える観客が入っていました。勝てば、ゲームも盛り上がりお客さんも増えます。

早く、J1昇格を狙えるチームになって欲しいですね!?

 

 

マイB級グランプリ ラーメン編

最近、岡山でも多くのラーメン屋さんが出来き、とても美味しい店も多い。

いつも疑問に思うのだけど、うどんは安くておいしいのがあるけれど、ラーメンで安くて美味しい店に出会ったことがない。たぶん、うどんに比べラーメンはスープが凝っていていろんな材料を使うから、高いんだろうなぁと思っていました。

  

数日前、倉敷市掘南のリフォーム現場で、職人さんとお昼どこに食べに行こうかという話になり、クルマであてもなく大高街道をうろうろとしていました。すると見えたのが[ラーメン380円]の垂れ幕と不味そうなイタリアの国旗みたいな三色の看板、「この金額だから味は期待せずに、普通のラーメン食べれたらいいや」と思い店内に入りました。

ラーメン金龍.jpg

お店の中は、こんな感じ

お店の中に入って思ったのが、ラーメン屋さんにしてはとにかく広い、しかもビジネスマンで一杯、漫画も一杯。肝心のラーメンはどうだったかといいますと・・・ 金龍ラーメン.jpg

 

注文したラーメンは【みそラーメン】 金額は480円

器の下にお皿が載っている本格的中華ラーメン風に出てきます。

麺は、岡山にしては珍しい大きなウエーブのちぢれ麺

スープにぷかぷか浮いているのは、鶏そぼろ

どこがみそラーメンか分かりませんが、濃厚であっさりのとんこつスープは器の底が見えるまで、いつの間にか飲み干しています(2回行って2回とも)

ラーメンの金額が650円でも、間違いなしに食べに行っています。

麺の固さも選べ、倉敷でラーメン食べるのであれば金額といい味といい、ここに決めました。 

本当にお勧めです。 今のところ岡山県ではここしかありません。

 【博多金龍 倉敷店】   http://www.hilltopfood.com/shop/okayama.html

 おまけCM         http://www.hilltopfood.com/img_top/movie01.html

福島県の方から、メールを頂きました。

当社のホームページの特集【セメント瓦】を見て頂いて、メールを頂きました。

自分で割れた瓦屋根を治したいのだけど、替える瓦が今現在生産されてなく、方々探したのだけど県内ではまったくないそうです。そこでホームページを検索されたら、当社のセメント瓦のページが出てきたそうです。そのページの画像に、自分が捜し求めている瓦があるとのこと、もしかしたら、岡山に中古品でもいいからと問い合わせを頂きました。

 

同じように見える平板のセメント瓦ですが、作るメーカーにより多種多様なサイズがあります。もちろん新品などありません。瓦屋さんが、工事時に降ろした瓦を取っておけばあるくらいです。 近くの瓦屋さんに問い合わせると偶然、希望の規格に近い瓦があり、とりあえず見本を送ってあげました。

 

 その方からのメールを転載してみました、震災地で大変苦労されている事情がよく分かります。

   

「 ただ今は、ご親切にご指導ありがとうございます。当地の事情を少し追加説明します。
 この度の地震で、県内の瓦葺きで、2階建ての家の峰瓦とかいう(?)、てっぺんの瓦は、ことごとく落ちまして、青いビニ−ルシ−トで雨漏りだけは、防いで2ヶ月になります。瓦屋さんや屋根屋さんは、秋過ぎにならないと、修理に来られない状態です。しかも、当地は原発50`圏内で皆、神経的に参っています。そこに変な修理屋さんにだまされて法外な修理費を払わされる例が多いようです。
ご親切、いろいろ有り難うございます。どうぞ宜しくお願いします」

当社主催の「エンディングノートセミナー」無事終わりました。

エンディングノートセミナー2.jpg 

少し報告が遅くなりましたが、4/22(金)に岡山ふれあいセンターにて、当社主催のセミナー「妹尾行政書士さんによるエンディングノートセミナー」が無事終わりました。

最初はどうなることかと思いましたが、13名も集まって頂き大変ありがとうございました。参加者を見ますと、県内の各地から幅広い年齢層(30代〜80代)の方に集まって頂きました。 

 

終了後に、アンケートでセミナーの感想を頂きました。アンケートの中身も「終末的な発想ではなく、今をどう楽しく生きるのか?」という内容が多く、妹尾先生の言わんとする内容が充分伝わったのではないでしょうか?次回もセミナーを開催して欲しいとの要望もたくさん頂いております。

アンケートを頂いた方の内容です(一部省略をさせて頂いています)

     

エンディングノートが「終末の遺言」のようにとらわれているのを自分史や思い出語りのように身近に感じられ、若いうちから取り組んで人生を豊かに生きる助けにしたいと思いました。次回の講座も楽しみしています。」

高梁市 50代女性

     

「このセミナーは2回目ですが、やはり時間が長い方が分かりやすく良かったです。」

美作市 30代男性

    

「自分を見直していくことや、これから先の設計のように感じました。」また、参加したい

美作市 30代女性

  

私は一生の思い出、家族のことを書く方法があればと思っていました。今回先生のお話を聞き、その重要さを痛感致しました。また参加したい。

岡山市 80代男性

  

大変分かりやすかった。書き方の内容がわかった。写真や絵の活用は視覚に訴えるので大変よい方法である、自分史の書き方がまとまっていた。また参加したい。

岡山市 60代男性

 

違った視点からエンディングノートを考えるきっかけが出来ました。また参加したい。

岡山市 50代女性

 

エンディングノートのことが少し理解できた。まだ先のように気がするが、少しづつ書けるところから、書いてみるのもいいかも。

玉野市 50代男性

 

「エンディング」という言葉の印象として残りの人生の後始末的な事を想像してしまいますが、そうではなく、これからの人生をどのように生きていくのか、前向きな姿勢を学ぶことが出来てよかったです。

岡山市 50代男性

 

自分の歩んで来た道、これからの進むべき道を書く事で自分自身納得がいく人生が歩めるかなと思える内容でした。

岡山市 60代女性

 

いま、生きている人の人生を豊かなものにしていけば

岡山市 60代男性

 

太る人の都市伝説

 自分への反省を込めて、太る人の都市伝説を自分の周りから集めて来ました。

都市伝説とは(現代に発祥し、典拠が不明な噂や伝説のこと)

○ 食べることに、こだわりがあるY01B026.jpg 

    
○ 太った人の家はかならず散らかっている

    
○ 太る人は、早食いである

    
○ 食べる回数が多い

  

○ 睡眠時間が短いと太る

     
○ 親が太っている(悲しいかな遺伝)

    
○ しし座のひとは太る

    
○ 太る人は、どことなく歩く姿に緊張がない

    
○ O型はストレスをためないから太る

    
○ 結婚が早いと太る(早く安心する)

    
○ 霊的に過敏になると太る(霊の分まで、食べるのかな?)

 

この都市伝説、当たっていますか?

いま話題の、年齢に関係なく楽しく作れるエンディングノートの講習会をします。

今回の東北地方・太平洋沖地震の津波で、家が流されたり多くの命が失われたことで、命の尊さを再確認された人が多かったのではないでしょうか?

「断捨離」という言葉も流行しています。モノの執着から離れ、身軽で精神的な喜びを追求していこうということです。そんな時代に求められているのは、自分自身を振り返り、いま生きている喜びを再確認するということだと私は思います。

       
こんな状況の中で何か当社なりに何か出来ないかと思い、ふっと思い出したのが以前セミナーで聞いた「エンディングノート」でした。私は最初エンディングノートなんて、お年寄りの方だけが受ける重い内容のセミナーだと思っていました。

     
ところが実際に聞いてみると年齢に関係なく、とても明るく楽しい内容でした。講師の先生が自分自身のエンディングのノートを作り、プロジェクターに映し説明をされました。聞いてみると形式はまったくなく自由。思い出の写真をノートに貼り、自分の思い出 伝えたいこと 交友関係などを気軽に書いていました。心を開放して気軽に書くノートだから、自分自身を再確認出来るし、大切な人に読んでもらうことがあっても、本当の思いが伝わるのではないでしょうか?

     
岡山のエンディングノートの第一人者で在られる妹尾(せのお)行政書士さんをお招きして、当社のお客様向けに開催をしようと思っていたのですが、こんな素晴らしい内容をより多くの方に聞いて頂けたらと思い、今回一般募集をさせて頂きます。 P1080748.JPG

     

日  時    平成23年4月22日(金) 14:30〜15:30
場  所    岡山ふれあいセンター2階 第一研修室
         岡山市中区桑野715−2(ホームページ) 

         TEL 086-274-5151
講  師    妹尾 悟 行政書士(井原市岩倉町1081-1)
講演内容   人生100年ノート「エンディングノート」
受講金額   500円

 

申し込み、お問い合わせ   (株)アベルホーム   菊井迄 

専用ダイアル0120-888-532   mail:me-ru2@hi.enjoy.ne.jp 

(メールでお申し込みの場合、氏名 住所 電話番号を明記の上お申し込み下さい)

お一人でも、家族や友達通しでもお気軽にどうぞ!!

※人気の講座なので、お早めにお申し込み下さい(先着40名)

     

※せのう法務事務所のホームページはこちら

http://blog.livedoor.jp/senojimu/