特集 夏を−2℃涼しくするリフォーム

なんで、うちの家は暑いんだろう?
クーラーかけても効かないし、家に問題があるのでは?
 
そんな疑問から、−2℃リフォーム特集は作られました。  
次の図は家に熱がどこから入って来るのか? 具体的に書かれています。
      晴れ             
                                                                     
夏の開口部から熱が入る割合.gif
(社)日本建材・住宅設備産業協会資料より
 
 
なんと!窓から73%もの熱が入ってきているのが分かります。
夏を快適に過ごす−2℃リフォームを考えてみました。
開口部(窓) 

サッシュの内側に もうひとつサッシュを付ける
サッシュを二重ガラスにする(開閉が少し重くなりますが・・)
サッシュに断熱フイルムを貼る

(UVカット99%、断熱性能20%向上)
ルーバー雨戸に交換する。

(雨戸を閉めていても風が入ります。) 
窓のひさしを
付ける
ひさしがない家も多いこの頃、ぜひひさしの良さを再確認して見てください。
夏の太陽は冬より高さが高い。日射を防ぐ役目を果たしている。 
しかも、窓からの雨漏りも防いでくれます。
屋根を断熱性能
の良い屋根に変える
特に断熱性能の低い金属屋根及びコロニアル(カラーベスト)他
セキスイかわら他のカバー工法で楽々涼しい屋根に変えれます。
換気扇を付ける温度センサー付き換気扇もあります。吸入を考えて施工をして下さい。
屋根裏換気扇も効果がありそうです。
断熱塗装屋根に関しては15℃〜20℃低減、外壁は従来の塗装の1/5しか熱を伝えないとのメーカー宣伝が・・。
断熱材を入れる家の中の温度差が10℃から4℃に快適な住まいに変わります。
ただし、窓の断熱リフォームも同時に行って下さい。
そと壁に
サイディング

そと壁にサイディングを貼ると、おうちが今流行の外断熱になります。
中から断熱材を入れるより、簡単にリフォームが出来るでしょう!(防音効果のおまけも・・)

よしずを立てるホームセンターで買ってくれば、すぐに効果テキメン。
遮熱カーテン少し高いですが、試して見る価値はありそうです。 
サーキュレーター 室内の空気を循環させる、扇風機みたいなもの
クーラーと併用すると、室内の温度が均一化され涼しい(省エネにも)
トップライト 屋根に開閉式の天窓(トップライト)を設置します。すると1階から2階に風が抜けとても涼しいお家になります。一般の窓に比べ換気効率が4倍あります(南側屋根につけると逆効果になります)
南側に木を植える南側に落葉樹を植えると、夏は暑さを遮ってくれ、冬は光が入ります。
縦すべり出し窓をつける  開けると張り出す窓を付け、自然な風を取り込む(参考サイト  トステム
※ 全部リフォームすれば−30℃は確実かな?

 

 

%E5%BA%97%E3%80%80%E9%9B%AA[1].jpg